運転免許における視力の基準とは?

視力検査

運転免許の取得を予定して調べている人の中には、眼鏡やコンタクトをしているため、運転免許における視力の基準を知りたいと考えている人もいるでしょう。運転免許の取得時には適性検査の1つとして視力検査を受けなくてはなりません。検査ですので合格の基準が存在しています。運転免許における視力の基準について、合格基準などを中心に説明します。

運転免許取得時に行う視力検査の内容

運転免許の取得時には、適性検査の1つとして視力検査が行われます。ランドルト環検査と呼ばれるものです。円の一部が欠けたアルファベットの「C」のような形を見て、欠けている部分を上下左右などで答える検査方法です。どのくらい小さいものまで見ることができるかを調べることができます。運転免許以外でも一般的に用いられる視力検査の方法なので知っている人も多いでしょう。

免許センターの中にはひらがなを読ませることで、どのくらい小さなものまで判断できるかを検査するところもあります。ランドルト環検査では両目の場合と右目だけの場合、左目だけの場合の3種類を検査されます。普通自動車免許ではなく大型第一種免許や第二種免許などになると、ランドルト環検査の他に深視力検査というものも受けなくてはなりません。深視力とは立体感や遠近感を正確に把握する能力のことです。視力とはあまり関係がないため、視力が悪い人でも合格できることもあるでしょう。

深視力検査の内容は、一般的に三桿法が用いられます。三桿法では、深視力検査器の中に3本の縦棒が見えます。3本の真ん中の棒だけが手前から奥へ、奥から手前へと移動します。3本の縦棒が同じ位置で並んだらボタンを押して知らせるというものです。深視力検査は3回行われ、平均誤差で合否を判定します。

視力検査の合格基準

視力検査を受ける女性運転免許の視力検査の合格基準と一口にいっても、免許の種類ごとにその合格基準は異なっています。そのため、自分の取得したい運転免許の合格基準を確認することが大切です。

普通第一種免許や大型特殊免許、二輪免許などの場合は両目で0.7以上であることと片目で0.3以上であることが合格基準です。両目の場合と右目だけの場合、左目だけの場合の3通りでそれぞれの合格基準を満たさなくてはなりません。もし片目の視力が0.3に満たない場合は、もう片方の目の視野が左右150度以上であり、視力が0.7以上あれば合格となります。

原付免許と小型特殊免許の場合は、両目で0.5以上が合格基準です。もし片目が見えない場合は、もう一方の目の視野が左右150度以上あり、視力が0.5以上あれば合格です。大型第一種免許や第二種免許、けん引免許などは、両目で0.8以上かつ片目で0.5以上である必要があります。両方の目が0.5以上でなくてはなりません。さらに深視力検査を3回行い、平均誤差が2センチ以内であれば合格です。

合格基準についてもっと詳しく!運転免許の試験と合格基準・対策とは?

コンタクトや眼鏡の使用は事前に申告を

コンタクトレンズ運転免許の視力検査で、コンタクトレンズや眼鏡を使用するつもりなら事前に準備していきましょう。視力検査を受ける際に、コンタクトレンズや眼鏡を使用する場合は申し出る必要があります。特にコンタクトレンズは見た目ではわからないため、視力検査前に申告を忘れないことが大事です。

裸眼で合格基準に達していなくても、コンタクトレンズや眼鏡を使って合格基準を満たせば合格となります。もし裸眼の状態で視力検査を受けて不合格となり、眼鏡もコンタクトレンズも持っていない場合は、作ってから改めて視力検査を受けなくてはなりません。合格基準に達するかどうか不安のある人はあらかじめ眼鏡やコンタクトレンズの準備をしておくと良いでしょう。

また、眼鏡やコンタクトレンズを日常的に使っている人でも、自分の視力に合っていないと感じている人は、メガネストアなどに行っておくと良いです。眼鏡を作り直したり、視力を測定し直したりといったことは早めにしておいた方が無難です。

レーシックによる視力回復を行った人は、裸眼と同じ扱いになります。裸眼以外で視力検査を受けた場合は、「眼鏡等」と免許証に記載されます。

視力検査に不合格の場合は?

視力検査に不合格になっても再検査を受けることができます。再検査は当日に受けることもできますし、後日準備を整えてから受けることも可能です。例えば、眼鏡が合わなくなってしまった人などは作り直してから再検査を受けると良いでしょう。免許証の有効期限内に合格できれば問題ありません。

仮に免許の更新期限が残り少ないのに不合格になったとしても、更新期限以降に猶予期間を与えてもらえます。受け直し期限のスタンプを押してもらえますからその期間内に再検査を受けましょう。

一部の運転免許で行われる深視力検査ですが、こちらも落ちてもまた受けることができます。当日に再検査しても良いですし、後日改めて受けても構いません。

視力が回復した場合は限定解除の申請をする

眼鏡を外す女性眼鏡やコンタクトレンズを使用して運転免許を取得した場合、免許証に「眼鏡等」の記載があります。

しかし、後日レーシックによって視力が回復し、眼鏡もコンタクトレンズも使用せず運転していた場合は条件違反となってしまいます。罰則や罰金を科されないためには、視力が回復したら限定解除の申請を忘れずに行う必要があるのです。

免許センターなどで再び視力検査を受けて、眼鏡もコンタクトレンズもなしで合格基準に達すれば、免許証の裏に「眼鏡等条件解除」と記載されます。そして「眼鏡等」の記載が次回の更新時にはなくなります。

当日の再検査を有効活用しよう

免許取得時の視力検査で1度落ちてしまっても、当日に再検査を受けることができます。すぐに続けて受けても合格する可能性はほとんど変わらないでしょう。そういう場合は、ゆっくりと目を休めたり、目の疲れを取ったりしてから受けると良いです。

例えば、スマートフォンなどの画面は目を疲れさせます。もし視力検査をもう1度受けるつもりなら、スマートフォンなどは見ないで遠くの景色を見ましょう。見えにくい物体を意識して見つめることで、一時的に視力が回復することがあります。また、目の疲れを回復させる効果も期待できます。

他にも、目の周りにあるつぼを刺激することも効果的です。つぼを刺激することで血行が良くなり、目の疲れが緩和されます。まばたきしたり、眼球を上下左右に動かしたりすることで、目の周りの筋肉をほぐすのも良いでしょう。そうしたことを行った上で、当日に再検査を受けた方が合格する可能性が高まります。

視力検査は事前準備が大事

運転免許における視力検査の合格基準は、免許の種類ごとに違います。視力検査の内容や合格基準をあらかじめ知っておくことで、焦らずに視力検査を受けることができるでしょう。

また、コンタクトレンズや眼鏡が必要な人は、自分に合ったものを準備しておくことが大切です。不合格になっても再検査が当日や後日に受けられるので心配はいりません。