履歴書に運転免許のことを書きたい!

履歴書に記入する

運転免許の取得を予定して調べている人の中には、履歴書の資格欄に運転免許のことをどう書くのか知りたい人もいるでしょう。運転免許は履歴書の資格欄に必ず記載した方が良いです。それはアルバイトやパート、正社員など雇用形態を問いません。履歴書の資格欄に運転免許を書く正しい方法を運転免許の正式名称と共に紹介します。

履歴書には正式名称で記入

運転免許に限りませんが、履歴書には正式名称で記載するのが基本のルールです。もちろん運転免許も略称で記入してはいけません。特に仕事で運転免許を必要とされる場合、どの運転免許を持っているのか明確にわかるようにすることは大切です。

例えば、運送会社のドライバーのアルバイトなどに応募する場合は、どの種類の運転免許かということが重要になってくることが多いです。応募条件として特定の免許が必須だと記載されていることもあるでしょう。

運転免許の正式名称

履歴書に運転免許の正式名称を記載しなければなりませんが、運転免許証には正式名称は載っていません。すべて省略して運転免許証に記載されています。運転免許証の下の方に「種類」という欄があり、取得している運転免許が「中型」や「原付」などと記されています。もし運転免許証の種類の欄に「中型」と「原付」と記載されているのなら、「中型自動車」と「原動機付自転車」の運転免許を持っていることになるのです。

まず多くの人が所持している普通自動車運転免許の書き方を3種類紹介します。運転免許証に「普通」とある人は「普通自動車運転免許」を持っています。普通自動車免許は1種類だけではありません。客などを乗せることを目的とした「普通自動車第二種免許」があります。普通自動車免許と普通自動車第二種免許は名前はよく似ていますが、別の運転免許です
タクシー乗り場

そのため普通自動車第二種免許と区別する目的で、「普通自動車第一種運転免許取得」という書き方をする場合もあります。もちろん「普通自動車免許取得」と記すだけでも構いません。「免許」とせず「運転免許」と記載して、「普通自動車運転免許取得」と書くこともできます。この3種類の表記のどれでも問題ありません。あとは取得日を記入するだけです。

第二種運転免許と第一種運転免許

次に、第一種運転免許について説明すると、「大型」が大型自動車、「中型」が中型自動車を意味しています。略称はわかりやすくつけられているので、略称から正式名称が類推できる人も多いでしょう。「準中型」は準中型自動車、「普通」は普通自動車が正式名称です。それぞれ略称の下に「自動車」を付け足しただけです。

ただし「大特」や「大自二」のように正式名称がわかりづらいものも存在します。これらはそれぞれ大型特殊と大型二輪のことです。「普自二」は普通二輪、「小特」は小型特殊です。「原付」が原動機付自転車、「け引」がけん引のそれぞれ略称となります。

免許の種類についてもっと詳しく!運転免許の種類と取得方法を解説

運転免許の取得日を知る方法

運転免許について履歴書の資格欄へ書くために必要な情報で、運転免許の正式名称の他に運転免許の取得日があります。取得日は運転免許証の左下に記載されていますが、省略されていることがあります。運転免許証の左下の欄は「二・小・原」と「他」、「二種」の3つしか存在しません。
「二・小・原」は二輪と小型特殊自動車、原付を省略したものです。「他」は第一種の二輪以外です。「二種」は第二種運転免許を意味しています。当然、同じ欄に記載される免許を複数所持している場合、運転免許証だけではいつ取得したのか判断することはできません。

取得した運転免許が1種類だけの人なら運転免許証だけで判断できます。例えば、普通自動車の免許だけの人は「他」の欄の日付を履歴書に記載すれば大丈夫です。しかし、「普通」以外に「大型」などを取得している場合は、取得年月日を調べなくてはわかりません。運転免許の取得日を調べる方法は大きく分けて以下の2つ存在します。

専用端末を利用して運転免許証のICチップを読み取る方法

免許センターや警察署の専用端末で、運転免許の取得日を調べることができます。専用端末の利用には、運転免許の取得時に設定した暗証番号が必要になります。

運転免許経歴証明書を発行してもらう方法

証明書申込用紙に必要事項を記入して、自動車安全運転センターの事務所か郵便局に行き、手数料を支払って申し込みます。後日、運転免許経歴証明書が郵送されてきます。

免許証の表と裏

運転免許を複数持っている場合の書き方

複数の運転免許を所持している場合は、取得した時期が古いものから記載するのが基本です。しかし、中には運転免許以外にも資格や免許を取得していて、履歴書に記載したい人もいるでしょう。そういう場合は、仕事に関連しそうな運転免許を優先し、省略しても問題ありません。

また、普通自動車運転免許と普通自動車第二種免許を所持している場合は、普通自動車第二種免許だけを記載する方法もあります。これは第二種免許を取得すると、同じ種類の第一種の自動車を運転できるようになるためです。他にも普通自動車運転免許があれば、小型特殊自動車と原付自転車の運転が可能となるため、小型特殊自動車と原付自転車の免許を記載しなくても問題ありません。

普通自動車運転免許と大型自動車免許を持っているのなら、大型自動車免許を書くと良いです。大型自動車免許を持っていれば、普通自動車運転免許も運転できることが伝わります。逆に普通自動車運転免許しか履歴書に書かなかった場合は、大型自動車が運転できることは書類からはわかりません。複数の運転免許を持っている人は仕事の内容や自分の書きたい資格の数に合わせてどの運転免許を書くべきか考えることが大切です

オートマ限定と書く必要はない

オートマ限定で免許を取得した人は、履歴書にオートマ限定とわざわざ書く必要は基本的にありません。オートマ限定と明確にしたい場合は、「普通自動車第一種運転免許(AT限定)」のように書きます。

仕事によってはマニュアルの免許を求めているところもあります。もし面接でオートマ限定かどうか尋ねられたら正直に答えましょう。

運転免許証の正式名称と取得日は正確に

履歴書を持つ男性履歴書の資格欄に運転免許を書く際は、正式名称でなければなりません。運転免許証からは正式名称はわからないので、きちんと調べることが大切です

また、複数の免許を所持している場合は、取得日も運転免許証からは判断できない場合もあります。そういう場合も調べる必要があります。複数の運転免許を持っている人はどの運転免許を履歴書に記載するか決めることも重要です。