運転免許取得費用の目安

普通自動車免許は仕事をする上でも、生活する上でも、なくてはならないものです。自動車そのものを持っていなくても、自動車免許は持っておいた方が何かと便利ですし、ないとできる仕事がどうしても限られてきます。そこで気になるのが、普通自動車運転免許を取得するためには、どのくらいの費用が掛かるのか?ということです。

おおよその相場としては、普通自動車免許には二種類あり、マニュアル車(MT車)免許が30万円程度、オートマ車(AT車)は20数万円程度が目安です。これは技能試験などをすべて一発で合格できたと想定した場合の金額ですが、各技能講習科目における見極め、仮免許試験、卒業試験などに通過できない場合は、追加の教習費用が発生することもあり、予算オーバーは珍しいことではありません。キャンペーン料金やオーバー分の割引などが受けられる場合もないことはないのですが、多少の予算オーバーは想定しておくことが無難です。

学生であれば学割料金が設定されていることが普通です。教習時間が夜間などの場合は追加料金がかかる可能性もあります。場内の照明設備の電気代を考慮したものといえますが、これも教習所に確認する必要があります。さらに最近ではインターネット割引が一般的になっていますので、多少の割引が受けられることがあります。いわゆる合宿免許の場合は、教習所に通うよりも10万円程度安くなることもあります。

このように免許取得にかかる費用について一概には言えないのですが、必要になる料金の内訳などについて少し細かいところまで見ていこうと思います。